内科医キューピーのつぶやき

医学部首席になれた勉強法や医学情報を発信したりします。

人工呼吸と気管挿管の適応

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

キューピーです。

 

人工呼吸と気管挿管はイコールではありません。

 

人工呼吸には以前記事にしたNPPVも含まれます。

 

今回は分かっているつもりでしたが、あまり理解できていなかったそれぞれの適応をまとめていきます。

 

 

目次

 

 

【基本事項】

・人工呼吸の目的は酸素化改善、換気の改善、呼吸仕事量の軽減です。

・人工呼吸は①気管挿管による侵襲的人工呼吸と②非侵襲的陽圧換気(NPPV)に大別されます。

・NPPVでは気道は確保できませんが、気管挿管では気道を確保することができます。

気管挿管による侵襲的人工呼吸の方が、より高度な酸素化の改善、換気の改善、呼吸仕事量の軽減を狙えます。

 

気管挿管の適応】

・MOVESというゴロで覚えます。

‐Mental status/Maintain airway:意識障害、気道維持の問題

‐Oxygenation:通常の酸素療法で改善しない低酸素血症

‐Ventilation:換気障害

-Expectoration/Expected course:喀痰排泄の問題、今後の悪化が予測される場合

‐Shock:ショック(相対的適応)

・MOVESの問題が解決すれば、抜管を検討します。

・なお、NPPVの適応は上記のOとVのみで、NPPVで改善がない場合には、気管挿管による人工呼吸を早期に検討します。

 

【NPPVまたは気管挿管による人工呼吸の適応例】

睡眠薬過剰摂取による意識障害(GCS8以下)

・挿管の適応:M V

・判断:気管挿管による人工呼吸。嘔吐時に窒息するためNPPVは禁忌です。

 

②頭部外傷による意識障害(GCS8以下)

・挿管の適応:M V

・判断:気管挿管による人工呼吸。意識障害があること、換気とPaCO2を厳密にコントロールする必要があることからNPPVは禁忌です。

 

③急性喉頭蓋炎や血管浮腫によるストライダ

・挿管の適応:M

・判断:気管挿管による人工呼吸。

 

④市中肺炎による低酸素および頻呼吸

・挿管の適応:O V

・判断:気管挿管による人工呼吸。喀痰排出を妨げるため、NPPVは使用しません。

 

⑤うっ血性心不全による頻呼吸

・挿管の適応:O V

・判断:NPPVまたは気管挿管による人工呼吸。

 

COPD急性増悪による呼吸筋疲労とシーソー呼吸

・挿管の適応:O V

・判断:NPPVまたは気管挿管による人工呼吸。

 

⑦ギランバレー症候群による呼吸筋疲労とシーソー呼吸

・挿管の適応:V E

・判断:気管挿管による人工呼吸。増悪時に唾液や分泌物で窒息する可能性があるため、NPPVは安全ではありません。

 

⑧抜管後の廃用性筋力低下による喀痰排出不全による低酸素

・挿管の適応:O V E

・判断:気管挿管による人工呼吸。気管切開が必要となる可能性が高いです。

 

⑨敗血症性ショックによる組織低酸素(SpO2は保たれていても)

・挿管の適応:S O

・判断:気管挿管による人工呼吸により、呼吸仕事と酸素需要を軽減します。

 

⑩敗血症性ショックによる意識障害

・挿管の適応:M S

・判断:気管挿管による人工呼吸。

 

⑪食道静脈瘤破裂によるショック

・挿管の適応:M S

・判断:気管挿管による人工呼吸。

 

【参考文献】