内科医キューピーのつぶやき

医学部首席になれた勉強法や医学情報を発信したりします。

物事を毎日続けるための5つのコツ

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ

キューピーです。

 

 

 

pkun.hatenablog.com

 

これはこのブログの最初の記事ですが、最初はこんなことを書きたくてブログを始めました(笑)

 

時間がある時に続きを書くと言ってますが、最近はコロナの勉強も兼ねてブログ記事を書いている状態なので、なかなか続きを書けずにいます。

 

というわけで、少し番外編的な感じで物事を続けるための自分流のコツをまとめてみます。

 

自分の場合は勉強を毎日続けることができていますが、その他のことにも応用できるかなと思います。

 

 

目標と期限を決める

・これは既に実践している方も多いとは思います。

・例えば勉強なら、今月中のこの本を読破する!といった感じです。

・目標は最初は高めに設定して、何回も繰り返すことで自分の能力を知り、最適な目標を設定できるようにしていきましょう。

・ポイントは期限をしっかり決めることです。こちらも最初は厳しめに、何回も繰り返すことで最適な期限を決められるようになると思います。

 

 

ライバルを決める

・とても大事です。

・勉強ならテストの順位、スポーツなら勝ち負け、筋トレならムキムキ具合といった感じです。

・もちろん、結果を残すことが大事なのではないです。あくまで自分が努力を続けるために設定しているという視点を忘れないようにしましょう。

・心の中でこっそりライバル設定しましょう。大っぴらに宣言などしていると人間関係上よろしくありません(笑)

 

 

習慣化するために最初の2週間頑張る

・皆さんは寝起きに歯を磨くのが辛いと思いますか?

・ほとんどの人が大した辛さを感じないと思います。これは行動が習慣化されているからです。

・どんな物事も習慣化されると、継続するのがかなり楽になります。

・習慣化されるまでが勝負期間となります。3日坊主とは言いますが、3日続けられても習慣化はなかなかしないと思います。

・経験的な数字ではありますが、どんなことでもおよそ2週間継続できると、大体その後の継続が容易になってきます。

・逆に言うと最初の2週間は、最初から辛いものと思って取り組むと多少は気が楽になると思います。

 

 

自分にご褒美を与える

・子供だましみたいな話ですが、実際に効果はめちゃくちゃあります。

・例えば、2週間勉強を継続できたら少し高めの焼肉屋さんに行く、などといった感じです。

・特にオススメなのが、他人を巻き込む方法です。

・例えば、2週間勉強したら焼肉屋さんに行くという話を、事前に家族や恋人にしておいて、その際は一緒に行こうと約束する、といった具合です。

・他人も巻き込むことで、些細なものですが責任感が生じ、継続できる確率が上がると思います。

・これを2週間単位でやると、一気に習慣化まで持っていけるので、期間はできるだけ2週間単位で設定することがオススメです。

・なかなか続かないという方は、まずは3日くらいでご褒美を設定しましょう。

 

 

オンとオフをはっきりする

・これは「医学部首席になれた勉強法」の記事にも書いたのですが、僕は勉強するときは必ず家以外でやるようにしています。

・理由は家ではオフ、外ではオンという切り替えを行うためです。

・家で勉強をすると、すぐにネットサーフィンやスマホゲームなどにのめり込んでしまい、お菓子なども置いてあるとさらに勉強から遠ざかっていきます。

・その点、図書館などでは周りの目もあり、勉強に集中しやすく、しっかり「オン」の状態で活動することができます。

・つまり、オンとオフをしっかり分けることで、オンの状態での物事の進捗度合いを良くすることができます。

・これにより、達成感なども感じやすく、物事を継続しやすくなる効果も見込まれます。

・これは勉強以外のことにも応用できて、例えば小説を書くということを継続したい人が、家ではなくカフェに行って「オン」の状態で執筆活動にとりかかるのも、こういった効果を期待できるのではないでしょうか。

 

 

 

以上になります。

 

聞いてしまえば当たり前のようなことですが、この当たり前の事をするのが難しかったりするんですよね。

 

ですが、これらを意識して物事に取り組めば、継続はもちろんその先の結果にも期待が持ててくると思います。

 

皆さんもそれぞれの生活の中に取り入れてみてくださいね。

 

それでは。