内科医キューピーのつぶやき

医学部首席になれた勉強法や医学情報を発信したりします。

髄膜炎の診療

キューピーです。 髄膜炎は感染症の中でも重症度が高く、重要な疾患です。 細菌性と無菌性はしばしば鑑別疾患ともなりますが、全く治療スピードが異なります。 細菌性髄膜炎は"内科的エマージェンシー"です。 今回は髄膜炎の診療を細菌性と無菌性に分けて考…

ネーザルハイフロー(HFNC)の使い方

キューピーです。 HFNC(High Flow Nasal Cannula)は加温加湿した酸素を、高流量で経鼻的に投与します。 患者の吸気量以上の流量の投与により、外気で薄まらない一定濃度の酸素を投与できます。 COVID-19含め、近年使用される機会も増えてきているようです。 …

頭部外傷の診療

キューピーです。 頭部外傷はERを受診する理由としてはかなり多いものです。 従って、その診療については十分に知識を持たなくてはなりません。 今回は頭部外傷の診療について考えます。

脳動脈解離の診療と若年性脳梗塞

●この記事は2021/7/24に内容更新しました。 キューピーです。 脳梗塞というと動脈硬化や心房細動のある高齢者の疾患というイメージがあります。 しかし、意外と若年での発症例も存在します。 その場合、背景に特殊な病態も考慮しながらの診療となります。 今…

腰椎穿刺のポイント

キューピーです。 腰椎穿刺は研修医でも行う手技ですが、禁忌や合併症など注意点も多い手技になります。 特に禁忌例に関しては意外と見落としも多く、正確な知識を持つことが重要です。 また、合併症についても適切なマネジメントを行うことが重要です。 今…

BAD(Branch atheromatous disease)の診療

この記事は2022/7/1に内容更新しました。 キューピーです。 BADという脳梗塞の一分類があります。 遭遇頻度も高く、全ての医師が知識を持つべき概念だと思います。 今回はそんなBADの診療を考えてみます。

一過性脳虚血発作(TIA)の診療

キューピーです。 TIAは救急外来などで頻繁に遭遇する病態です。 判断を誤ると患者さんに大きな後遺症を残してしまうこともあります。 従って、その対応を勉強することは非常に重要だと思います。

脳梗塞の急性期治療

●この記事は2021/7/18に内容更新しました。 キューピーです。 脳梗塞への治療介入は早ければ早いほど良いと言われています。 "Time is brain"という言葉が存在するほどです。 今回は脳梗塞と診断がついた際の急性期治療を考えてみます。

頭部MRAの読影

キューピーです。 頭部MR angiography(MRA)はよく撮像されるシーケンスです。 造影剤を用いずに脳動脈を評価できる利便性の高さが特徴です。 今回はそんな頭部MRAの読影について考えます。

しびれの診療

※この記事は2022/2/11に内容更新しました。 キューピーです。 "しびれ"を訴える方は非常に多いです。 四肢にしびれを訴える患者は2400/10万人という疫学データもあります。 また、系統だった診療が難しい領域でもある気がします。 今回は"しびれ"を訴える患…

抗てんかん薬の使い方

●この記事は2021/3/4に内容更新しました。 キューピーです。 てんかん診療は多くの場面で必要になりますが、非常に難しい分野です。 今回は基本的な事項に的を絞り、まとめてみました。 専門領域ではさらに奥深く、難しいものとなります。

エアウェイの使用法

キューピーです。 今回は舌根沈下によるAの異常に使用する"エアウェイ"の使用法です。 学生時代に何となく禁忌などを覚えた記憶もありますが・・・。 医師になってからは、意外としっかりと勉強したことなかったです。

肺血栓塞栓症の診療

●この記事は2021/10/10に内容更新しました。 キューピーです。 肺血栓塞栓症(PE:Pulmonary thromboEmbolism)は致命的な疾患です。 しかし典型的な症例は少なく、診断に難渋することもしばしばです。 "非典型的なのが典型例"というclinical pearlすらありま…

初めてコロナのPCR検査を受けました

キューピーです。 思い返すと、今年はコロナに始まりコロナに終わった1年でした。 僕自身も、まだ第1波というには早かった2月にいきなり自宅待機となりました。 その後も結局3回ほど、自宅待機の経験をしました。

鼻出血の診療

キューピーです。 "鼻血が止まりません"という主訴でのER受診は意外と多いです。 そんなので来るなよ!と思うかもしれませんが・・・。 当の本人はパニック状態なんですよね。

片頭痛の診療

●この記事は2021/11/27に内容更新しました。 キューピーです。 片頭痛はcommon diseaseです。 日常臨床でも比較的よく遭遇します。 今日はそんな片頭痛について勉強していきます。 頭痛の診療ガイドライン2021発刊に合わせて、内容を更新しています。

お知らせです

キューピーです。 まずは、いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。 ↓気が向いたらで良いので1日1クリックお願いします。励みになります。 本日は読者の皆様に何点かお知らせがあります。 "超重要"というほどではないですが、読んでいただけると…

爪下血腫の診療

キューピーです。 足に重いものを落としたりすると、爪に血腫ができます。 想像するだけで痛いですが、これに対する有効な対処法もあります。 今回はそんな爪下血腫について、勉強しました。

【COVID-19】医療崩壊間近なのに人々が自粛しない理由

キューピーです。 Twitterを見ていると、医療従事者のアカウントから悲鳴が聞こえてきます。 特に大阪や北海道で顕著です。 僕は都内勤務ですが、NCGMの忽那先生もいよいよ、切羽詰まった発信をしています。 ※ネタがなくなったので久しぶりの私見記事です。…

アルコール依存症患者の入院管理

キューピーです。 アルコール依存症の診療は精神科領域の、専門性の高いものと考えます。 しかし、どのような科でもアルコール依存症を伴う患者が入院することはあります。 その際には離脱予防が特に重要となってきます。 今回は、アルコール依存症が併存す…

めまいの診療

キューピーです。 めまい診療はとても難しく、奥深いものです。 あらゆる主訴の中で最も難しいものの1つだと思います。 僕自身も何となくの診療を行い、避けてきた分野です。 今回はそんなめまい診療について、まとめることに挑戦してみました。

アナフィラキシーの診療

この記事は2022/10/8に内容更新しました。 キューピーです。 アナフィラキシーは緊急性の高い病態です。 また若年者でも死亡し得る病態で、確実に対応できなくてはなりません。 今回、アナフィラキシーガイドライン2022が発行されたので、まとめなおしてみま…

コロナと戦ってきます

キューピーです。 11月は諸事情、というより有給休暇を取るなどして沢山記事投稿できました。 2日に1記事というペースでやり遂げることができて満足しています。 また嬉しいことに、記事に対して様々な反応があり、そのことで新しいご縁もできたりして、続け…

高K血症の診療

キューピーです。 電解質異常の診療は非専門医にとって難しいものです。 その中でも特に緊急性を要するのが高K血症です。 今回はその診療や対応について、再度見直してみました。

薬疹の診療

キューピーです。 病棟の看護師さんから「先生、薬疹みたいなんですが・・・」というコールは多いです。 僕も研修医1年目で初めて病棟当直をした日に、同じコールでパニックに陥った思い出があります。 そんな薬疹の診療についてまとめてみました。

更年期障害の診療

キューピーです。 更年期障害は頻度がとても高い病態と考えられています。 また、症状についてもかなり多岐に渡ることが分かってきています。 今後、診療の機会は更に増加すると考えられ、一度しっかりとまとめようと思いました。

肘内障の診療

キューピーです。 肘内障は比較的簡単に整復できることから、有名な疾患です。 今回はそんな肘内障の診療をまとめます。

【COVID-19】コロナ第3波について

※コロナ報道等で自覚がなくても精神的負荷がかかってしまう方がいるようです。 そういった場合は、積極的に情報に触れないようにすることも重要な対策です。 情報を冷静に受け取れる方のみ、記事を読み進めてください。 キューピーです。 いわゆる第3波が到…

婦人科急性腹症の診療

キューピーです。 "女性をみたら妊娠と思え"とは古くからの金言でもあります。 今の時代では何だか叩かれてしまいそうな言い方ですね・・・。 女性の急性腹症は妊娠関連や婦人科臓器も鑑別対象となり、難しいです。

RICE処置について

キューピーです。 RICE処置とは、四肢の外傷の際の応急処置の方法になります。 特に打撲、捻挫、肉離れ等の応急処置として重要です。