内科医キューピーのつぶやき

医学部首席になれた勉強法や医学情報を発信したりします。

小児科

肘内障の診療

キューピーです。 肘内障は比較的簡単に整復できることから、有名な疾患です。 今回はそんな肘内障の診療をまとめます。

子どもの腹痛

キューピーです。 小児の腹痛も比較的多い主訴となります。 まずは浣腸を行うところが成人診療との大きな相違点となります。

子どもの咳

キューピーです。 咳嗽を主訴に小児科外来を受診するケースは多いです。 いわゆる気道症状としてまとめられる鼻汁や喘鳴などとともに勉強します。

子どもの発熱

キューピーです。 小児の発熱は、小児の救急外来受診理由として特に多いものです。 子どもを持つ親の方の関心も大きい分野と思います。 また、内科医としては小児科に頼れない状況でも、発熱くらいは診られるようになりたいものです。

子どもの意識レベル低下

キューピーです。 子ども(小児)の意識レベルの低下は成人とは異なる評価の仕方をします。 子どもの意識レベルの評価は、全身状態の評価にもつながる重要な事項です。 今回は、小児の意識レベル低下の評価方法をまとめてみました。