内科医キューピーのつぶやき

医学部首席になれた勉強法や医学情報を発信します。

CBTで97%を獲得した勉強法

全国の医学部医学科の学生が臨床実習に出る前に行われる試験をCBTと呼びます。

 

CBTはcomputer based testingの略で、実際にコンピューター上で出題される問題に答えていく試験になります。

 

合格すれば晴れて臨床実習に出ていくことになるのですが、意外と"CBTだけは良い点を獲得したい!"という学生も多い印象があります。

 

正直なところ医師になってしまえば話題にのぼることもないCBTですが、確かに良い点をとっておくと、自分に自信を持ってその後の学生生活を送れるかもしれません。

 

また、その先に続く国試に向けた勉強の土台になるので、よほど生活に切羽詰まっていない限りはある程度力を入れて勉強することをオススメします。

 

ということで、今回はCBTでできる限り高得点を獲得するための勉強法を経験談を交えながら考えてみます。

続きを読む